風邪を引いていました...

ここ最近、久しぶりに風邪を引き。

風邪対策は、というより
気温の変わり目は特に
「肌寒い」
という感じさえしないように
厚着には気を遣い過ごすのですが、

先日この桜たちと
どうしても撮影をしたくて
25度まで気温が上がると言われた日で
でも、早朝6:00集合
6:30スタートで
油断して、、
風邪を引きました、、

クリニックに通い治療と薬をもらえば
わりとすぐ治ってきたので
今回もそんな感じに考えていたら
耳が痛くなり、蓄膿症になりかけており、、

このクリニックに通うまで
分からなかったのですが
もともと、
鼻と耳の通りがよくないようです。。


中耳炎も幼い頃はよくやって
蓄膿症も小学生の頃から癖でした。
蓄膿症になるととても厄介。。


なんとか未然に防ぎましたが
2週間ほど不安な時間が続き、
情けなく、、

普段にありがたみを感じました。。

といっても普段も昔ほどではないけれど
それでも
「今ある声」そして「声があること」
とても感謝しました。


そしてそして、わたしの声だって
いつまであるかわからないもの。
(そんな大げさではないです!が、
歌手としての声)


それを強く感じて。



不安を抱えることもあるし、
でも一年半前、もう無理だと思った時から復帰した時、
わたしはできると
ステージに立つたびに唱えました。


それから向き合い方を変えて
上手に付き合っているけど、



これはどんなミュージシャンにでも言えることだけど、
いつまで在るものかわからないんだよ
ということ。

腱鞘炎だったり怪我だってあるし、
歌手に限らず。
スポーツもなんでもそうか。

だから「今」の私をもっと聞いてもらえるように、
私が発信したいことを「今」、聞いてもらえるように、
そう思いました。



やりたいこと、伝えたいこと、
その反面の実力に、
強くジレンマも感じるんだけど。。。。




今はまだ告知できないライブ、コンサート
もうすぐ告知させてください^^



今年は、地方も周りたい、
と、
わたし、
思っているみたいです。

風邪の時、色々考えた。

いつも焦るから、
それでパワーをすぐ失うから、
その過程も年相応にというか、
またひとつ大人になりたい。


今日はちょっと長め。

Soprano Classical crossover SHIZUKA SATO